teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


首都カトマンズへ

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)22時34分5秒
返信・引用
  5月7日、この日は霧もなく天候も穏やか、
結果を言うと無事カトマンズへ帰って来れました。

今日の国際線のフライトまで時間があるので、時間つぶしに首都観光をしました。
が、昨日の腹痛が抜けていないのとヒマラヤの山々を見た後だったので
あまり心に響いてきませんでした。
なので早々に切り上げて、カトマンズの空港へ帰ってきて
ネットサーフィンをしています。
(余談ですがおやつで食べたカレーチップスが感動的にうまかった!
商品名は「Lay's (India's Magic Masala)」。日本ももっとカレー味のポテチに
研究費を注ぐべきだと感じました。)

今日の深夜の便でネパールを出発し、広州経由で羽田空港に14時ごろ帰ります。
 
 

待ちぼうけ(TREKKING DAY7?)

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)22時14分12秒
返信・引用
  5月6日、ルクラから首都カトマンズへ帰る日です。

朝6時に空港へ出発して、航空券を入手しました。
ですが待てども待てども飛行機がやってきません。
空港周辺に霧がかかってきて、天候も悪くなっていきます。

午前12時前、「FLIGHTS ARE CANCELED」と言われてしまいました。
山はきれいに見えているんだけどなあ。

仕方なく雨の降るルクラを散策しました。
3枚目の写真はルクラの喫茶店です。
恐ろしいほどにエベレスト商法をやっています。
スターバックスコーヒーもありました。

やることもないし、どこかで一杯やるか!、と思ったのですが
謎の腹痛&現地通貨(ネパールルピー)があまり残っていないこともあり
ホテルの部屋で引きこもっていました。
正確にはパソコンに入っていたガンダムUCを延々と見ていました。

旅の結論:ガンダムUCはマジでおもしろい!!
 

TREKKING DAY6-3

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時53分59秒
返信・引用
  鳥画像最終です。
結構いろんな種類の(色の?)鳥がいて楽しかったです。
どんどん下って行き、午後2時30分ぐらいに
ゴールのルクラへ着きました。

この日の晩ごはんはちょっと豪勢に
ヤクステーキとポークモモと、ここクーンブ地方の
ビールをオーダーしました。

出てきた料理はステーキならぬハンバーグ(結構固い筋入り)
モモ(やっぱりパクチーが強い)でした。
ビールは普通においしかったです。
うすうす気づいていたけど、僕にはあんまりネパール料理が合わないのかもしれません。

次の日は首都へ帰るフライトのはずでした。
 

TREKKING DAY6-2

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時42分29秒
返信・引用
  山を下りていくうちに、時々雲が晴れて
三角い山が見えました。

1日目に牛さんたちが渡っていた吊り橋を
渡って、下界に降りていきます。

景色はよく見たものだったので、
また鳥を撮りながら降りていきました。
 

TREKKING DAY6-1

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時34分8秒
返信・引用
  朝起きて朝食を食べて、最終日を開始しました。

町の入口のストゥーパとお別れして、
下山していきます。
早速仕事中の馬の群れと遭遇して、
同じペースで降りていきます。

3枚目の花は日本の山にも咲いているもので、
この高さまで降りてくると同じものが咲いているのだなあ
と感じました。
 

TREKKING DAY5-7

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時25分17秒
返信・引用
  帰り道を歩いていると、急に天気が悪くなってきて
雨が降り出しました。
なんだか雷もごろごろ鳴り出したので
そそくさと宿に入りました。

ちなみにこの日の晩ごはんは
スパゲッティペペロンチーノとトマトスープでした。
(もうネパール関係ないよね。サイゼリア並みのおいしさで
びっくりしました。写真は撮り忘れ。)
 

TREKKING DAY5-6

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時16分4秒
返信・引用
  あとはたいして景色が良いところもなかったので、
鳥とかを撮りながら降りていきました。

2枚目はエベレストビューホテルと言って
日本人が経営しているホテルです。
ちょっと立ち寄って日本食でも食べたいな~
なんて思いながらメニューを見てみると、
「親子丼 25ドル(約3000円)」。

足元を見すぎな価格に脱帽して、
ミルクティーとオニオンスープを飲んで
ナムチェへ帰りました・・・
(普通のメニューは良心的な値段)
 

TREKKING DAY5-5

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)21時06分6秒
返信・引用
  1枚目はタムセルク。
2枚目は裏山から見たエベレスト。
3枚目はローツェです。

タンボチェまで帰ってくるとエベレストがよく見えます。
そんなこんなで満足して裏山を降りていきました。
(ちなみに地図で確認してみるとこの裏山の標高は約4,500mで
最高高度をちょっとだけ更新していました)
 

TREKKING DAY5-4

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)20時58分4秒
返信・引用
  タムセルク祭りをさせてください!

どこを切り取っても絵になるタムセルクは
べっぴんさんです。
 

TREKKING DAY5-3

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)20時51分3秒
返信・引用
  実は裏山に登ったのには訳があって
タムセルクにかなり近づけるからなのです。
(山肌までおよそ4kmぐらい)

で、裏山に登って見えた光景が以下の写真です。
1枚目と3枚目がタムセルク。
2枚目がお隣のカンテガです。
カンテガは頂上近くに雪がどっさり積もっていて、
今にも落ちそうな感じでした。
 

TREKKING DAY5-2

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)20時41分45秒
返信・引用
  下山を開始して約30分で、2日目に訪れたタンボチェに戻ってきました。
(写真1枚目)
予定より早めの下山となっており、時間が余っていたので
タンボチェの裏山に登ってみることにしました。

登っていくと町がどんどん小さく!
きれいな花も咲いていました。
 

TREKKING DAY5-1

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 7日(土)20時32分9秒
返信・引用
  天候が悪化してWIFIが使えない状態でした。
やっぱり山の中でのインターネットは難しいね。

さて山登り5日目、天気は晴れていないけれど
山には雲がかかっていない、そんなお天気でした。

宿を出発前に写真を何枚かとりました。
 

TREKKING DAY4-4

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)02時06分3秒
返信・引用
  下山道に咲いていたきれいな花を撮ったり、
鳥を撮りながら降りていきました。

ひたすら降りていき、今日の目的地デボチェ(標高3820m)に着きました。
標高を約600m下げるとほとんど頭痛もなくなって、体調も回復しました。

明日はさらに標高を下げて、ナムチェバザールまで降りる予定です。
 

TREKKING DAY4-3

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時58分28秒
返信・引用
  天候が次第に悪くなり、山も雲に隠れていきました。

気分を変えて鳥を撮ってみたり、変わった眼をしたストゥーパを撮ったりしてみました。
ひたすらに降りていきます。
 

TREKKING DAY4-2

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時49分21秒
返信・引用
  後ろ髪を引かれながら、下山を開始します。
来た道を帰っていくのはあんまり楽しくないです。


2枚目、3枚目のような道をひたすらに降り続けます。
標高が下がるとやっぱり頭痛は軽くなっていきます。
 

TREKKING DAY4-1

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時40分9秒
返信・引用
  で次の日、体調が一向に回復しないため下山を決意しました。
最高高度は4410mで終了となりました。
氷河とかローツェを間近で見たりしたかったなあ。

さよなら!ローツェ!
 

TREKKING DAY3-5

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時31分24秒
返信・引用
  きれいな山が見えるお宿にしました。

しかし頭痛がしだしてしまいました。
これが高山病!?

元気になるために、奮発してチキンステーキを頼みました。
(750円なり)

しかしながら体調は悪くなる一方でした。
 

TREKKING DAY3-4

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時23分56秒
返信・引用
  1枚目はローツェと手前の黒い山(名前は知らない)とのコントラストです。
どう撮っても絵になります。

2枚目も名前は忘れてしまいましたが、6000~7000m級の山々です。

そうこうしているうちに今日の目的地のディンボチェ(標高4410m)に着きました。
パンボチェよりもちょっと大きめの集落です。
 

TREKKING DAY3-3

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時09分44秒
返信・引用
  去りゆくタムセルクに別れを惜しみつつ山登りを続けます。

山道には牛さん以外にも馬もいます。(時々犬もいます)
野生動物には溢れてないかもですが、山登りを助けてくれる動物であふれています。
(ちなみに牛さんの正式名称は「ヤク」で天然記念物に認定されています)

本日の山行はローチェにどんどん近づいていく、素敵な道のりでした。
(遠近法でエベレストは見えなくなってしまいました)


 

TREKKING DAY3-2

 投稿者:ヒロシマ  投稿日:2016年 5月 4日(水)00時58分30秒
返信・引用
  足を進めていくと、目の前に大きな山が!
ローツェ(世界4番目の高さ、標高8393m)とエベレストが見えます。
エベレストは雲に隠れてしまっています。

2枚目はエベレストのアップ。

3枚目はタブチェ(標高6367m)です。
360度どこを見ても素晴らしい景色ばかりです。
 

レンタル掲示板
/78