teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:52/3814 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:ヤンタロー  投稿日:2019年 4月27日(土)15時51分6秒
  通報 返信・引用
  現在かかってる医院には伝えてませんが、以前に行っていた先生には伝えました。
浅井先生にも伝えたかもしれません。

自分の心身のつらさを主治医・カウンセラー・家族・インターネット(浅井先生など)・訪問看護などに伝えてもつらさが消えません。
他の人も同じ様な症状で悩んでいると聞いたり、対処法を試してみて、スッキリすることはあるかもしれませんが、「なおす」という考えが浮かぶことに対して、嫌な気持ちにさせる人名など(過去の記憶)が勝手に思い出されます。(こういうことはここより後に書いたように、他からの影響を受けない時にあると感じる)

嫌な気持ちにさせる名前は、小学生頃からの記憶で、嫌なことがあると勝手に顕在化したり、元に戻るようなことで、辛いのがあります。
嫌な気持ちにさせる名前は生まれてから今までに頭に入ったことが定着したり、浮かんだりしているだろうと感じます。(言葉がどんどん頭に定着しているかなぁ...と思います。今までの経験で、学習したことは一生記憶に残ると言うのがあると聞いたことがあります。長期記憶とか短期記憶とか。)

「関係なくなおす」という考えです。
主治医などから何度も病気だと言われたり確認行為をしても考えが浮かんで、症状に悩まされるのは辛いです。
考えは耳鳴りが大きくなったり生活音が嫌なきっかけで思い出されるのもあるし、他からの影響を受けるのがなくて、自分の頭に浮かんできて(思い出しているかも)、つらい場合もあります。

長期記憶として残っていることなどが顕在化は嫌な気持ちにさせる名前以外でも、興味のあることを覚えたことでも浮かんできて辛いです。動揺もします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:52/3814 《前のページ | 次のページ》
/3814