teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. hotブランド (0)
  2. SSS財布、腕時計、雑貨、小物, 販売。(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


首相辞任

 投稿者:  投稿日:2020年 8月29日(土)23時04分9秒
  打たれ強いしたたかな人と思っていたので、
あっけない退陣に、ちょっと拍子抜け。
病気もあるのだろうが、あれこれの失態の
渦に耐えきれなくなったのでは・・・・
病気を理由に、自分の限界を認めたのかもしれない。
それにしても、長い長い抑圧の時代が続きました。
首相のなりふり構わぬ無謀な荒業で、
正義も真実もない時代にどれだけ歯ぎしりしたことか。
先のことは分かりませんが、
とりあえず巨悪が倒れたことを喜びたいと思います。
さてこれから
少しはいい時代がやってくるのでしょうか?
新しい夜明けを期待しましょう。
 
 

湯を沸かすほどの熱い愛

 投稿者:  投稿日:2020年 8月18日(火)20時27分21秒
  今日は午後から珍しく邦画を一本見ました。
途中で切るのが嫌なので、なかなか腰を据えて映画をみないのですが、
今日は暑いし、ギターを弾くにも手が粘つくので、映画鑑賞の時間を取りました。
この題名は、最後の最後でその意味が分かるのですが、なんだかふざけているのか、
真面目に作っているのか分からなくなる時もありました。
しかしながら、映画を見ながら…
この音楽院は妻と二人で作り上げたものだ…と何だか
別なところでぐっと胸が詰まるものがありました。
何十年も助け合って作り上げた(銭湯)・・・そして(音楽院)
いずれ後の代に手離す時が来ますが、(もうほとんど譲っていますが)
まだほんの少し、自分の中の支えになっているようです。
 

補聴器

 投稿者:  投稿日:2020年 7月26日(日)16時52分35秒
  今日は朝からエスプレシボ8月号の作成。
どうやら終わった。
内容はまたまた、補聴器関連。
人生の大きな難関なので、この問題は私の重大なテーマになる。
乗り越えたいけどどうにもならないジレンマを抱えて、
聞こえないことの悩みに落ち込み続けていた。
今度こそという、大博打のような投資が、
いい結果につながるのを祈るばかりだ。
人生も終末なので、これが最後のチャレンジに
なることだろう。
自分も、そして周りのみんなにも喜んで
もらいたいものだ。
 

三浦春馬

 投稿者:  投稿日:2020年 7月18日(土)21時42分19秒
  人気若手俳優の三浦春馬さんが自殺したそうだ。
華やかな芸能の暮しの中で、どうにも抑えきれない思いがあふれていたのだろうか?
その内面はうかがい知ることはできないが、残念としか言いようがない。
時折り見ていた番組で、JuJuと共演しているのがあった。
珍しいものを見たり、美味しいものを食べたりの楽しい番組だった。
汚れのない貴公子然とした雰囲気が好きだったが、
その内面にもろさが隠れていたのかもしれない。
外面からはうかがい知れない面が、これから暴きたてられて
ほしくないものだ。このまゝそっといいイメージばかり残して
お別れしたいと思う。合掌。
 

ひまわり

 投稿者:  投稿日:2020年 6月 9日(火)17時04分11秒
  今日は久しぶり…ええっと1回だけしたのはいつだったかな?
もう忘れましたが、3月のはじめだったかも…
それ以来久しぶりに合奏が出来ました。
これからどういう流れになるか見当がつきませんが、
せめて、ひまわりとムーンだけのコンサートを一年の終わりに
小さくてもできたらなと思っています。
今年みたいに予定が立たないで…ぶち壊しになるということは
これまでのギター人生で一度もなかったですね。
まあ、これも長い人生の中の貴重な体験なんでしょう。
こういう年があると、
変わりない日常の過ごせる一年がよりありがたくなります。
 

やはり

 投稿者:  投稿日:2020年 6月 6日(土)17時57分15秒
編集済
  あの密ちゃんでした。大当たりでした。
いくつになっても、以前の人柄が見えてくるものですね。
いろいろと人生を深く掘り下げて熟慮している感じが昔のままです。
何だか昔から、いろいろと物事を深く考える
しっかりした人だなあと思っていましたが…今もそのようですね。
悩んだ先人の残した本がたくさんあるので、
参考にするといいでしょうね。ただ、あまり捕らわれ過ぎると
身動きが出来なくなる時もありますので、適当に読み流すことも
大事かも。
 

仕事

 投稿者:  投稿日:2020年 6月 6日(土)13時15分45秒
編集済
  今週はレッスンがこれまでで一番できました。
月・2人 火・1人 水・1人 木・1人 金・3人 土・2人 計10名
それに木曜日の午後は合奏団の練習もありました。
何だか今週は、一気に仕事全開という感じで、嬉しいです。
何とか透析と並行して仕事のできるめどがついた感じです。
体が喜んでいます。
 

合奏練習

 投稿者:  投稿日:2020年 6月 4日(木)17時38分58秒
  延び延びになって今日まで何もしていなかった
ムーンの合奏練習が、今日初めてありました。
何だか気持ちのいい疲れがあります。
みんなが集まって一緒に合奏できるというのは
いいことですね。まだ発表予定ははっきりしませんが、
集まって練習できるというだけで、
大きな日常が戻ってきた感じです。
会場が使えるような
コンサートが出来る日が早く来ればいいなと思います。
コンサートと言えば、私のソロの事…
何だか今年は今のところ気合が抜けてしまいました。
一応曲を決め練り上げていたんですが、
それも中断。
今はあれこれ気が向いたのを適当にさらうばかり。
まあ、こんな、目標に縛られない自由な時間もあっていいのかな?
 

当たりです!

 投稿者:  投稿日:2020年 5月31日(日)19時51分17秒
  先生こんにちは。あの密ちゃんです。

一応進学したけれど、高校三年生の頃の自分が決めた進路に対して納得出来なくなってしまったので分岐点に立って考え直しているところです。後悔の少ないように努めたいけれど、それを気にするあまり臆病になりがちです。
気分転換に積んでいる本から一冊…と引いたのが岩波文庫から出ている新編悪魔の辞典という物騒な本でした。江戸川乱歩や梶井基次郎、坂口安吾も積んでいたけれどどれを引いても楽しい気持ちになるようなものはなかったです。私としたことが。
読んでみれば、さ行頭の「再考する」に対して著者ビアスは”すでに行った行為を正当化する理由を探し求めること”と書いてあるものだから頭が痛くなりました。

透析は合併症の心配や食生活での厳しいルールや長時間にわたる処置になるので精神的にも肉体的にもつらい治療だと聞いています。透析に関するサイトを読んでいて「これは体のアップデートなんだな…」と思いました。
金曜日が終われば、いや毎回終わるたびに、できるだけ先生の気持ちが晴れやかになっているといいなと願います。




 

やれやれ

 投稿者:  投稿日:2020年 5月29日(金)19時52分15秒
  金曜日の透析が終わると、なんだかうれしくなる。
2日間の休みがあるのが、なんとなく素敵な解放感になって
気持ちが明るくなるのだ。
今日は、いつも待ち時間に近くにいるおじさんに話かけてみた。
透析を始めてどれくらいなるんですか?
すると、「11年になります」という答えが返ってきた。
多分80歳ぐらいの方なので、私と同じころ70歳ぐらいで
透析を始めたのだろう。
11年か…なんだかその長さの回答が嬉しいような、ちょっと
重い感じもしないでもなかった。
延々と10年、この透析を続けていくんだなあと思うと
先は長いなあという気になるけど、10年ぐらいすぐ経つのかも?
時々の気分によって透析に対する思いは変わるかもしれないが、
とりあえずまだ先は長いということを喜んで、
日々を過ごしたい。
 

レンタル掲示板
/414